被災地は想像以上でした

2011年03月21日

DSCF6206.jpgDSCF6194.jpg2011032018220000.jpg石巻に行く予定が、女川町に行きました。
現地の支援団体の人からの要請でした。
女川町は、5000人以上の人が亡くなるか、行方不明の町です。
女川町に着いたら、全員の口から言葉が出ませんでした。
津波の爪跡が。
テレビでは、10数メートルって言ってたけど、20メートル級が来てないと、説明がつかないような感じでした。
自衛隊の方も沢山いました。
生存者を探すと言うよりも、行方不明者の遺体を探すって感じです。
生きて避難所生活してる人達に少しでも笑顔になってもらいたいって気持ちが、また強くなりました。
女川高等学校で場所を借りる事ができ、炊き出しの準備をしました。
津波の被害を受けた沢山の人達に、(ありがとう。頂きます。)と聞いてるうちに、こっちが勇気と元気をもらいました。
皆東京から行ってる為、寝てなく疲れたり、睡魔も来てるはずなのに。
イキイキした顔してました。
本当に勇気を出して、現地に行って良かったと心から思います。
正直行く前は、命の保証は、できませんって言われてました。
誰でも行ける所なら支援の手があります。
今回俺達が行った所は、自衛隊の人しか居ませんでした。

行きも帰りも、危ないって思う事がありました。
電気もなく真っ暗で地面が地震で海より低くなって海と水溜まりの区別がつかなかったり、地震がきたり、怖かったですが、本当に行けて良かったです。
危ないので強制は、できませんが、買い占めする余裕があるならって思います。
被災地は、犯罪も多いです。ナタを持った、人が食料を略奪したり、弱い者や女性が被害にあう犯罪行為が多発してるそうです。
posted by 橋本友彦 at 20:14 | 日記

皆様

先程帰宅しました。
まず無事帰京を報告させていただきます。

詳細は明日詳しく書きます。
posted by 橋本友彦 at 02:07 | 日記
spacer.gif
spacer.gif